無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
成田から佐賀へ!スプリングジャパン(春秋航空日本)搭乗記

6月末に佐賀に行ってきた。マイナー県とか地味な県とかで名前の挙がることも多い佐賀県(失礼…)。どんなところか、正直あんまりイメージを持っていなかったんだけど、行ってみたら想像以上におもしろい場所だった!

 

なかでも驚いたのが有明海の珍味の数々。ムツゴロウとかワラスボ(エイリアンみたいな魚)とか、見た目はちょっとグロいんだけど、酒の肴になる絶品ぞろい。久しぶりにワインじゃなくて日本酒に酔いしれた旅でした。

 

そんなグルメの詳細は、 Excite Bit コネタ でレポートしています。

ムツゴロウの素焼きにエイリアンの干物!? 佐賀県は珍味の宝庫だった

 

ちなみに今回佐賀へ行くのに使ったのはLCCのスプリングジャパン(春秋航空日本)。何度か知り合いに「それって中国の航空会社?」って聞かれたけど、答えはNO。親会社の春秋航空は中国だけど、スプリングジャパンは日系の航空会社で、CAさんも日本人オンリー。さわやかなグリーンの制服がまぶしかったです。

 

 

利用路線は、成田〜佐賀。成田は第3ターミナルから飛んでいる。 2015年に誕生したLCC用の第3ターミナルは、陸上競技場を彷彿させる床面の誘導トラックがユニーク。座り心地やデザイン性に優れた家具などにもこだわっており、なんと2015年度グッドデザイン金賞も受賞しているのだとか。

 

フードコート前には、スプリングジャパンが運営する「Spring Shop 春」もあった。就航地(香川県・広島県・佐賀県)の隠れた名産品が買えるプチアンテナショップのようなところ。

 

 

初めての第3ターミナル見学も終わったら、いよいよ搭乗。

 

 

身長167cmの私が座るとこれくらい。

 


LCCなので当然、飲み物や食べ物は有料。メニューをみていたら、「機内で日本酒が飲めるのはLCCではスプリングジャパンだけ」という文字を見つけて、朝から興奮!

 

 

ただ、さすがにまだ午前中だったので、ぐっとこらえて、かわりに佐賀名産の「丸ぼうろ」と嬉野茶(おかわり自由)を頼んだ。

 

 

「丸ぼうろ」は、小麦粉・砂糖・卵でつくる佐賀の名産。 しっとりやわらかく、どこか昔懐かしい素朴な味。もともとは南蛮菓子だそうで、濃厚でコクのある嬉野茶にもよくあった。

 

フライト時間は約2時間。 成田〜佐賀は片道5700円〜。さすがLCC、やっぱり安い。 実はこの日は九州が悪天候でもしかすると成田に戻ってくるかも…という条件付き運航だったのだけど、結果的に無事に佐賀に着陸。

 

スプリングジャパンは、CAさんたちのカジュアルすぎない気さくな接客も個人的にとても好みだったし、今度は子連れで乗ってみたい。佐賀の干潟で娘と一緒にどろんこになって遊びたいな〜。

 

・スプリングジャパン(春秋航空日本)

| 古屋 江美子 | | comments(0) | trackbacks(0) |
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
http://emihp.jugem.jp/trackback/974