無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
子連れクルーズ
もう半月くらい前になるけど、夏休みとして8月後半、クルーズ旅行に行ってきた。今回は「ダイヤモンド・プリンセス」という船に乗船。全長約290m、高さ約62m。もう「海の上のホテル」っていうか「ビル」だよね。

ルートは、横浜〜釧路〜知床〜コルサコフ(サハリン)〜小樽〜函館〜青森〜横浜。何気に全部、初めての町だった。個人的に印象的だったのは釧路湿原。アフリカのオカバンゴデルタに似てた。あとはロシア。ただ、なんかそこまで異国! って感じがしなかったのは、単に歴史を知ってるからかな?

クルーズ旅の場合、移動は基本的に夜。夕方〜夜に出航して、目覚めたら次の町。どの町も歓迎ムードたっぷりなのが、これまた嬉しい。

家族での本格的なクルーズ旅は初だったけど、子連れにとって、クルーズはメリットだらけだと思った。なんといっても移動やパッキングの面倒が一切ないというのは本当に楽。船内にはコインランドリーもあるから、洗濯もできるしね。ごはんは料金に込みなので、好きなときに好きなだけ食べられる。娘はやたらピザとラーメンを食べてたなあ。夫はビンゴやエンタメショーなど船内の多彩なイベントが楽しかったそう。

船のスタッフは約1000人で、そのうち半分くらいがフィリピン人。最初のうちは船のスタッフたちに「ハロー」とかいわれてももじもじしてた娘も、後半は率先して自分から英語で挨拶できるようになってた(すごい進歩!)。あと毎晩のようにフルコースディナーだから、フォークやナイフの扱いもちょっと上達。それから無料で利用できるキッズクラブもあって、いろんなプログラムに参加できるんだけど、親の同伴なしなのに、「そこにも行きたい」と自ら! ということで、親2人がワインセミナーにいってるあいだ、工作を楽しんでもらいました。なんだかいろんな進歩を感じたな〜。

寄港地での観光も楽しく。北海道メインだけに寿司とラーメン食べまくり!
また行きたいね、とみんなで一致した楽しい夏旅でした☆


小樽では人力車に乗ってみました。船と一緒にパチリ。
| 古屋 江美子 | | comments(0) | trackbacks(0) |
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
http://emihp.jugem.jp/trackback/969