無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
預言カフェに行ってきた
タイトル通り、預言カフェに行ってきました。
といっても、もう1ヶ月近く前の話。

預言カフェとはなんぞや? 
という人も多いと思うけど、その名のとおり預言をしてくれるカフェ。
まあ検索するといろいろ出てきます。
宗教系なので怪しさを感じる人もいると思うんでとくにオススメはしませんが、
個人的にはおもしろい経験だったな、と。

ポイントは予言じゃなくて、預言であること。
神様からの言葉を伝えてくれるというものらしい。
カフェにつくと伝えるのはコーヒーのオーダーのみで、名前も年齢もなにもいわない。
席につくとおもむろに神の言葉を伝えてくれる。

おもしろいことにその言葉は、録音可ということなのでボイスレコーダーに録音。
その音源を訪問以来、さっき初めて聞き直してみた。

ということで、内容を備忘的にメモしてみることに。
ちなみにすべて「〜と主はいわれています」という表現で伝えられる。
それを何回も書くのもしつこいので、多少表現は変えているけど
だいたい言われた内容はこんな感じ。

1.(主は)あなたのキャラクターをもってだからこそできること、
 インパクトを与えられるような状況を与えていこうと思っています。

2.まだ見たことがない土地や場所に歩いていけるように導きます。
 探検家が島々を見つける航海に出るかのごとく、
 新しいものにチャレンジできるよう願っています。

3.バレーボールに例えるならあなたは家族の中でアッタカーのような存在。
 家族は少し後ろからあなたを見守っていきます。
 ここぞというときにあなたがアタックすることで、家族の中に喜びや歓喜が広がります。

トータル3分くらい。
実際には言葉を伝えてくれる人に、言葉そのものが降りてきてるんじゃなくて
なんらかの絵がみえて、それを説明しようと言葉を組み立てtいる感じだった。
(これはほかに行ったことがある人もいっていた)

2.はもっと海外に行けるってことなら嬉しいなあ。
3.は妹には大いに当たってるといわれたけど、どうだろう。

…占いじゃないし、予言じゃないから、当たる当たらないじゃないのに、
つい当たる当たらないを考えてしまう。

コーヒー代だけでOKなので、まあ話のタネにはよいと思うけど、
難点は待ち時間が長いこと。14:00オープンだけど、
事前に名前がかける仕組みで、私は11:30に行ったらすでに24番目。
再度14:00にお店に戻って、結局呼ばれたのは14:30ごろ。半日がかり。

しかし1ヶ月経つけどそれらしい方向に動いてる感じはないかもなあ。
いや、だから当たる当たらないじゃないんだけど!!
| 古屋 江美子 | おでかけ/イベント | comments(0) | trackbacks(0) |
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
http://emihp.jugem.jp/trackback/951