無料ブログ作成サービス JUGEM
朝マックにもハッピーセットがある!

AllAboutにPRでこんな記事を書きました。

 

なぜ?子供もパパ・ママも喜ぶ朝マック、その理由とは

 

ちなみにこの記事、マックで書きました。笑

ノマドじゃないですけど、たまには家じゃなくて外で書くのもいい。ネットをつい見ちゃうとか、誘惑をふりきりやすいから。あ、でもポケモンGOはうっかりやっちゃったけど。

 

訪れた日は夏休みの平日の午前。我が家の最寄りマック、おじいちゃんおばあちゃんの社交場っぽくなっていました。なかには「ドリンクの注文だけでよかったの?知らなくてハンガーバーも頼んじゃったわ」と笑っている年配女性も。たしかに、セットが基本みたいなメニューの書き方かも? 休日はファミリーも多いからだいぶ雰囲気が違ったなあ。

 

そうそう、この記事を書いて、朝マックにもハッピーセットがあったことを初めて知りました。ちなみに私は、昼間のメニューなら、大学時代はチキンタツタにはまっていました。いまはエビフィレオが定番です。

| 古屋 江美子 | おでかけ/イベント | comments(0) | trackbacks(0) |
子連れ富士登山2016〜小学生の娘と登った感想など

今日は小1(6歳)である娘の始業式。あっというまの夏休み。結局私の体調不良に仕事の繁忙期が重なり、旅行もせずに終わってしまった。

 

とはいえ、キャンプやら花火やらプールやら夏らしいおでかけもそれなりに。ハイライトはなんといっても富士登山! 小1の娘、65歳の母、夫と一緒に三世代で登ってきた。個人的には10年ぶり、9回目の富士登山。もちろん娘とは初めて。正直、事前準備もほとんどできず、私自身が7月末からずっと体調が悪かったから、多分ムリかな〜と思っていた。でもまあ、頂上は行けなくても、暑い下界にいるより涼を求めてハイキング!くらいの気持ちでとりあえず行ってみることにしたのだ。

 

富士山スバルライン5合目

 

もちろん、高山病などで娘の体調が悪くなったら、山小屋まで行けなくてもすぐ下山しようと思っていたし、装備だけは完璧にしていった。で、結果的にはなんとか頂上まで行けた。最初は気負わず行こうといっていたメンバーも、8合目くらいでゴールが近づくと、行くぞ!という気になっていた。

 

すでに2週間経って記憶も薄れつつあるけど、今後のために少しメモとして残しておこう。


●今回のスケジュール(8/12、13)

【1日目】
7:00 起床
8:00 家(甲府の実家)を出発
9:00 北麓駐車場着
9:30 シャトルバスで富士スバルライン5合目へ向かう
10:15 5合目着⇒ご飯やトイレ(高度になれるために時間を長めにとった)
12:00 出発
15:15 鎌岩館(標高2790m着)
16:30 夜ご飯
19:00 消灯

 

【2日目】
4:00 起床
5:00 ご来光
6:00 出発
13:00 頂上着⇒ビールで乾杯など
14:15 下山開始
18:45 5合目着
19:00 シャトルバスで駐車場へ
19:45 駐車場着
21:00 近所の温泉で入浴&ご飯
22:00 帰宅

 

反省としては2日目に詰め込み過ぎた。でも、1日目の標高を高くすると高山病の危険も高まるから、どのあたりの山小屋に泊まるは判断に悩むところ。上にいくほど山小屋も混むし。今回は子連れなので、頂上でご来光とか、夜を徹して登るという発想はなく、山小屋前でご来光を見たんだけど、次回は4時くらいに起きたらすぐに登り始めて、登山道の途中でご来光を見れば少しは時間短縮になるかも?

 

富士山ご来光

 

小学生くらいの子は結構いたけど、娘は小さいほうで、何度も「何歳?」と聞かれていた。それによって、娘自身も「もしかして私、すごいことしてる?」と少しは思えたようで、モチベーションアップになったかも。メインのモチベーションは「頂上に行ったらおもちゃ買ってあげる」という約束だったと思うけど。

 

とくに事前に登山練習はしなかったけど、むsメハ翌日筋肉痛もなかったし、やはり子供のほうが体力がある(私はがっつり腿の筋肉痛がきた)。山小屋でも爆睡していたし、意外にたくましい。ちなみに靴やリュック、カッパはは一通りは子供の物も山用のちゃんとしたのをそろえた。登山靴はモンベル。もちろん事前に何度か山ではいておいた。

 

親子で富士登山

 

 

やっぱり富士登山ってそこそこ達成感があっていい。なにより、誰でも知ってる日本一の山。「富士山に登ってきた」といえば誰にでも通じる。それをたとえば槍ヶ岳に行ったと聞いてもピンと来ない人は多いはず。誰にでも話が通じるから、子どもにもわかりやすく、娘もそれなりに達成感をおぼえてくれたんじゃないかと思う。まあ、山としては決しておもしろい山ではないんだろうけどね。今回は時間がなくてお鉢巡りができなかったので、できれば来年また行きたい。

 

富士山頂

 

以下、気づいたこと、思ったことを備忘録的に。

 

・世界遺産になったせいか山小屋が軒並みキレイになっていた。
・山小屋には個室も登場。できれば個室がいいけど早く予約しないといけないので天気との兼ね合いが難しい(今回は天気がいいことを確認し、前日夕方に予約した)
・いままで頂上でご来光を見ていたのでとにかく寒い印象だったが、今回のスケジュールならそれほど寒くない
・登山中は娘の食欲が異常。やっぱり富士登山は相当カロリーを消費するんだろう
・今回、母にストックを借りて行ったが、超絶ラク。もうストックなしでは登れない
・バンソコウとかカメラとかはウエストポーチなどすぐ出せるところに

・私のあまがっぱ、リュック、登山靴はどれもそろそろ寿命。新調したい

 

さて来年は登れるかな〜?

 

富士山の雲海

 

富士山ご来光

 

富士山登山者

 

富士山にタルチョ

 

富士山頂を目標に

 

 

 

| 古屋 江美子 | おでかけ/イベント | comments(0) | trackbacks(0) |
子連れで潮干狩り@海の公園2016
運動会の振り替え休日だった5月23日に、潮干狩りへ行ってきた。

ブログの記録によると、2008年以来の8年ぶり? 子連れでは初めて。娘からの「行きたい」とリクエストがあったのだ。最近、サザエさんとかしまじろうなどのテレビで潮干狩りがテーマの回が続いていたから、たぶん影響されたんだろう。



月曜なのに結構混んでいてびっくり。
ここは無料なのだけど、「2cm以下の貝はとらないで」「1人2kg以上とらないで」というのが決まり。

とりあえず、干潮で地面が見えるようなところはすでに掘りつくされていて、足が多少水に浸かる場所じゃないと貝は出てこない感じだった。娘はうっかりワンピースできてしまったけど、熱中のあまりもはや着てるものは関係ないレベルで浸かっていた。

やっぱり子どもは水着が一番。着替えとタオルは多めに用意しておくと安心。車なら2リットルのペットボトルに水いれて積んでおくと帰る前に足が洗えて快適です。



さすがにこれだけ(↑)浸かれば、貝もざくざく出てくるけど、基本的に小さい貝が多くて仕分けに苦労した。なるべく大きいものを厳選したつもりだったけど、貝は調理するとさらに小さくなるから、食べ応えとしてはまずまず。

でも自分でとってきたものを食べるという行為は、ひと味違うおいしさと楽しさがあるね。殺生している感も強いけど。

味噌汁&酒蒸しでいただきました☆
| 古屋 江美子 | おでかけ/イベント | comments(0) | trackbacks(0) |
THE BOOMラストツアー山梨公演
10/5、THE BOOMの山梨公演にいってきた。
THE BOOMといえば、山梨出身バンド。

年内で解散を決めているときいて
はじめてツアー参戦。
地元山梨公演にいってきた。

今回は娘も参戦。
ホールでのライブ参戦は娘はこれが初めて。
いちおう予習はちょろりとして『星のラブレター』あたりは
だいたい歌えるようにはなってた。

休憩をはさんで約3時間の長丁場だったので
途中の2〜3曲は寝てたけど
あとはまあまあ楽しんでたね。
やっぱりノリのいい曲のがいいようで
一緒に拳あげたりいてたよー。

私自身は今回でサポートメンバーの
オーノくんのファンになってしまった〜!




| 古屋 江美子 | おでかけ/イベント | comments(0) | trackbacks(0) |
夏到来!
梅雨もあけてもう夏!
毎年思うけど、夏ってすぎるのが早い、そして短い。
始まったばかりなのに、もう終わりを思って寂しくなる…。

今年の夏はいっぱい遊ぶぞー!

mio連載での7月号はイルカとふれあい、
最新の8月号ではちくわづくりの挑戦してます。
イルカとの触れ合いって夏っぽいけど
実際の取材はまだ春だったかな。


イルカにキスされたベストショットがぴんぼけです(夫め〜)

ウェブからも読めます
| 古屋 江美子 | おでかけ/イベント | comments(0) | trackbacks(0) |
はじめてのスキー
昨日、娘がスキーデビュー!
いやー、初めてスキー靴も履いたけど、リフトにも乗れたし、意外に滑れたし、子どもの怖いもんナシな感じはすばらしい。近くに同じくらいの練習中の男の子がいたので、触発されたみたいで、「あんなふうに滑りたい」だの「リフトに乗りたい」だの言って、ぐいぐい上達した。
ま、専属コーチだった夫は筋肉痛らしいけど。

ホンダのRoad Moviesというアプリで30秒ほどの動画を作ってみました。ちょっと滑ってる絵が足りないけども。(※約30秒、音出ます)



ちょうど清里は前日雪もふったところで、新雪フカフカ。3月とは思えないパウダースノーを堪能できた。今シーズン、できたらもう1回くらい行きたいな〜。
| 古屋 江美子 | おでかけ/イベント | comments(0) | trackbacks(0) |
七五三
15日に娘の七五三を祝った。

ベーシックに写真館で記念撮影して、神社にお参りという流れ。
娘ラブな私の両親&妹も娘の姿を一目見ようと山梨から上京してきたので
その後はみんなで食事、という名のランチ飲み会。

七五三
娘、3歳9カ月。数えと満年齢、どちらでやる人もいるようだけど
うちは早生まれなので満年齢に合わせた。

理由は単に去年いろいろ決めるのが面倒で先のばしただけ。
いろいろ、といっても手配するのは、衣装・ヘアメイク・写真くらいか。

とはいえ、写真1つとっても、
スタジオアリス系、ライフスタジオ系、出張撮影、写真館など様々。
衣装も、安いのを購入するかレンタルか、など選択肢はある。

今年も重い腰をあげたのは9月頃。写真スタジオやホテルなども検討したものの、
結局、百貨店の写真館に落ち着いた。
レンタル・着付け・メイク・撮影の手配が一度に済むし、神社にも近いし、
参拝後は戻ってすぐ着物も返せるし、ご飯も食べられるし、ということで。

我が家のこだわりは、神社に着物で参拝したい、ということだったので
まあこれでよかったんだけど、しいて残念だったことを挙げるなら、
あいにくの雨と娘の変顔ブームで自分のデジカメにはろくな写真がないことかな。
スタジオでザ・家族写真は撮ったからよいのだけど。


これからもすくすく育っておくれ〜

| 古屋 江美子 | おでかけ/イベント | comments(0) | trackbacks(0) |
「こびとづかん」のなつやすみ in とうきょう(東京ドームシティ)
先週末、東京ドームシティでおこなわれているイベント
「こびとづかん」のなつやすみ in とうきょう
の初日に行ってきた。

簡単にいうと、フリーパスを使ってアトラクションで遊びつつ、
園内各所にいる爐海咾函匹鮹気好好織鵐廛薀蝓爾盂擇靴爐箸いΔ發痢

思えば、子連れでこういう遊園地らしい遊園地って初めてだったんだけど、
娘もかなり楽しめてた様子。
ホラー系はダメだけど、絶叫系はいけるタチとみた。
まだ全部は乗れないけど、3歳で90cm以上なら乗れるものはそれなりにある。

暑すぎない爽やかな陽気で、遊園地日和でした!


でも暑くても安心。子供向けの水遊びスポットもいっぱいあるから。
娘も大興奮。当然、びしょぬれ。着替え2セット持ってて助かった。



メリーゴーランドも初。あと、観覧車も初。


肝心のこびと探しはこんな感じ。
こんなところから見ていたり……。


こんなメニューになっていたり……。


あら、こんなところにも!(笑)


どのアトラクションの待ち時間もそれほど長くなく、
規模も子連れには適度な感じで、居心地良し。
今回は行かなかったけど、天気悪ければアソボーノもあるしね。

遊園地で遊ぶなんて久しぶりで、なかなか楽しい休日でした。
| 古屋 江美子 | おでかけ/イベント | comments(0) | trackbacks(0) |
チバソムシェフ直伝、スパキュイジーヌのレシピ!
7月1日から、東京・お台場にあるホテル日航東京で、
チバソムのスパキュイジーヌが食べられるプロモーションをやってます。

チバソムって? 
スパキュイジーヌとは??

という人も多いと思うので、簡単に説明すると……。

まず、チバソムとは、タイ南部にある世界屈指のデスティネーション・スパの名前。
「チバソム・インターナショナル・ヘルスリゾート」の略です。
ホリスティック・ウェルビーイング、スパ、フィットネスがコンセプトの3本柱。
インドのアーユルヴェーダ、中国のチ・ネイ・サン(中国古来の気内臓療法)、
さらには日本の霊気なども取り入れた150種類以上のプログラムがあり、
それらを通じて、“未病”の状態を改善し、理想的な健康状態へと導いてくれる場所です。

一方、スパキュイジーヌとは、チバソムのようなスパリゾートで出される食事のこと。
最近は日本のホテルでもスパキュジーヌを出すところが増えていますが
チバソムはいわばその元祖。

先日、ホテル日航東京でのプロモーションを記念し、
チバソムのエグゼクティブ・シェフ、カンヤラット・タノムセィングさんが来日。
メディア向けのスパキュイジーヌのお料理教室に参加しました。

で、そのレシピがとても簡単だったので紹介しようかなと。
(というか、このブログでレシピ紹介なんて初めてじゃないかしら!)

メニューは「鱸のスチーム 白菜添え ガーリックビネグレットソース」

コレです。

スパキュイジーヌ

では、さっそく作り方を。

材料:
タイムのしぼり汁40g、オーガニック醤油(なければ普通の醤油でOK)40g、ココナッツパームシュガー20g、グリーンチリ2g、ガーリックピクルス(なければ普通のニンニクでOK)8g、コリアンダー12g、白菜(ほかの葉物もOK)120g、バジル20g、鱸(スズキ)400g、ベジタブルストック適量、飾り用のコリアンダー&ライム

調理方法:
1)ライムのしぼり汁、オーガニック醤油、ココナッツパームシュガー、グリーンチリ、ガーリックピクルスをミキサーでよくミキシングする。
2)白菜、バジルを分けて敷き、魚を並べる。
3)1)のソース(少量)とベジタブルストックを入れて7〜10分スチームする。
4)さらに盛付け、1)のソースをかける。


一番大変なのは材料集めかも?
でも、手に入らないものは適当なもので代替可。
教室では蒸籠でのスチーム時にバナナの葉で包んでいたけど、ラップとかでもOK。
美味しさを逃がさないので目的なので。

肝心の味だけど、ハーブやスパイスがしっかり効いて、風味豊か。
ヘルシーな料理というと、淡泊だったり、量が少なかったり……なんてイメージも
チバソムのスパキュイジーヌを食べれば覆されることうけあい!

あ、作るのが面倒な人は今ならホテル日航東京で食べられます。
8月31日まで。
チバソムとのコラボレーション | ホテル日航東京

ちなみに私、日本ではチバソムのスパキュジーヌを何度もいただいているけど
肝心のタイのチバソムは未体験。子どもNGリゾートなので家族旅行はムリだけど
いつか行ってみたいなあー。
| 古屋 江美子 | おでかけ/イベント | comments(0) | trackbacks(0) |
祝! 富士山、山開き
7/1、富士山がいよいよ山開き!
今朝は今週で一番美しいご来光が見れたそうな。

先週の土曜日、富士山五合目にドライブに行ってきた。
吉田ルート(山梨県の河口湖側)。富士スバルライン経由で。

下界はどんより曇り空だったけど、ライト要なほどの雲中ドライブの末、
標高2305メートルの五合目につくと、そこは雲の上!
流れる雲に時折、姿を隠されながらも、こんな富士山を拝めた。



山開き前なので登山者は少なかったけど、広場は観光客はいっぱい。
12:30くらいについたんだけど、駐車場は満車で20台くらい並んでたかな。
といっても、まだ側道の駐車場に停めるほどではなかったのが救い。
観光バスも20台くらいきていて、とにかく人がいっぱい。
アジアからの外国人観光客も多かった。
いやー、とにかく盛り上がってました。

これからは登山者が増えるんだろうな。
7-8月は富士スバルラインがマイカー規制の日が多いので
週末にここまで来れる日はあまりないかも。
いやー、気持ちよかった。

そしてまた登りたくなったわ、富士山♡



ショップやレストランのほか、小御嶽神社もある五合目。
初めてお参りもしてみた。



| 古屋 江美子 | おでかけ/イベント | comments(0) | trackbacks(0) |