無料ブログ作成サービス JUGEM
Caravan @ Studio Coast
今日はCaravanのライブ@Studio Coastに行ってきた。
キラキラ輝く湘南の海で、今年の夏に出会ったCaravan。
たぶん今年いちばん一緒に過ごした音楽だと思う。

待ちに待っていたライブだったけど、
オーストラリア帰国後から地味にバタバタしていて、
うーん、なんか出かける気分じゃないかも? 
なんて思ったりもしたけど、やっぱり行ってよかった!
心からそう思える最高のライブだった。

Caravanの曲は、
“人生という名の旅を生きていくウチラ”
みたいな内容を歌った曲が多くて、とにかく歌詞がいい。
聴くだけでハッピーに、ときにセンチメンタルにしてくれる。
そして人生が基本的に美しいものであることに気づかせてくれる。
なんていうと、ちょっとクサいか。

ビール片手にゆるゆるとCaravanワールドに浸っていたら、
いつのまにか2時間半が経過。珍しいほどの長時間ライブ。
そして夢のひとときの後に待っていたのは、猛烈な腰痛という現実。
30超えると、スタンディングライブも辛いな……。

Studio Coast @ 新木場
| 古屋 江美子 | 音楽 | comments(0) | trackbacks(0) |
フジロックに行ってきた!
昨日29日、FUJI ROCK FESTIVAL'06に行ってきた。
朝6時に家を出て、帰ってきたのは今朝4時。
家に帰ってきてからも余韻に浸って、レッチリ聴きながら一杯やって
フジロックの公式ブログを見てたら6時すぎ。
さすがに今日はさっきまで思いっきり寝てました。

朝は晴れてたのに……
朝はいい天気!……だったけど。

実は夏フェス初参加の私。
1日だけながら、相当ワクワクしていたんだけど、想像以上に楽しかった。
残念なのは14:00〜18:00くらいの一番まったりしたいときに雨が降ったこと。
しかも一時は半端ないどしゃぶりで、さすがに少しテンションが下がった。
というのも私のカッパ、だいぶ老朽化してて、ちょっとなかが湿っぽくなったのだ。
(今年の富士登山までには新調しなくてはならないことが確定)
雨だとビールも飲めないし……(その前後にたっぷり飲んだからいいんだけど)。

でもそのあと雨も止んで、ビール補充して元気復活!
レッド・ホット・チリ・ペッパーズの最高っぷりはいうまでもなくて1時間半はあっというま。
見て惚れ直したのは電気グルーヴ。
今までそれほど好んで聞いてなかったけど生で聴いたらかなりステキでビックリ。
卓球もピエール瀧も天才だわ、って思わず見入ってしまった。
フジロックでのこの2組の人気はすさまじく、合間にあったKULA SHAKER は諦めた。
レッチリまでに戻ってこれなさそうだったのと、会場のRED MARQUEEは屋根付きなので
人数も限られるし、雨で大人気だったから、どうせ入れないだろう、と。
夜になってだいぶ肌寒くなったけど、終わったころには暑くなった。

意外なとこで、詩の朗読でロックしてた三代目魚武濱田成夫もよかった。
「秘密」という詩に単純に感動。

今日はピーカンいい天気、らしい。
いいなー。晴れてるとこでビール片手に音楽聴いてお昼寝……やりたいなあ。
今は足が筋肉痛。それだけ遊んだってことだけどちょっと哀しくもあり。
ということでプチフジロック写真館です(マウスを当てるとプチコメントがでます)。

まずは昼間の様子。
ステージの合間はまったりタイム フード以外の屋台もたくさん 
ゴハンもうまい!世界の料理から地酒まで何でも揃う ステキな飾りもあちこちにある

そして雨が止んだ夜。
レッチリを待つ人・人・人 30分前から立って待つ人多数
泥だらけになったスニーカー 帰宅間際に一枚。疲れた〜

フジロックの興奮も冷めやらぬま、明日からフィンランド旅行。
12時間後には出発! もちろん準備はすべてこれから。
でもその前に今から結婚式場で打ち合わせ。
きっと寝ないで出発だわ。でも楽しみすぎる〜! 
| 古屋 江美子 | 音楽 | comments(7) | trackbacks(2) |
OASIS@代々木第一体育館
OASISのコンサートに行った。
6年ぶり。
これだけの間、不動の人気を保っているのはやっぱりすごい。
さすがモンスターバンド。
相変わらずの人気と格好よさに酔いしれた。
年齢層は私と同じくらいのひとが多く、盛り上がる曲はやっぱり6年前と同じ。



6年前は神戸で見た。
そのときはアリーナだったから、もっと間近で見れて盛り上がった。
最近思うこと。
東京でアリーナ席をゲットするのはどうしたらよい?
国内アーティストならファンクラブ優待とかあるんだろうけど、
海外アーティストとかはどうなんだろう。
関西では特に苦労しなくても、普通にアリーナがゲットできていたのに
東京にきてから、大きなハコではいつもスタンド席になってしまう。
やっぱりアリーナのが盛り上がれるから、そっちがいいんだけどね。
東京は母数が多すぎて、確率も下がってしまうということなのかな。

で、OASISもやっぱりスタンド席。
表情なんてまったく見えず。(スクリーンもなかったので)
まあ盛り上がれたからいいけどチケットゲットの技があれば教えてほしい。

スペード スペード スペード

あとひとつご報告。
以前ここでアンケートを取ったLOHAS。
みなさまご協力ありがとうございました
Exciteのコネタで紹介しました。
そのうちまたアンケートを取るかもですが、答えてもらえると嬉しいです植物
| 古屋 江美子 | 音楽 | comments(2) | trackbacks(2) |
Music Baton
サイババくんこと、まさかずくんより、Music Batonが回ってきた。

最近いろんなブログで見かけていたので、いつか私にも来るかも?
と思っていたら、来た。しかも意外なところから。

この音楽バトン、音楽についてみんなで記事を書いていこうっていうという試み。
おおもとは2001年にオランダで始まったものらしい。
チェーンメールならぬ、チェーンブログとも言えそうなものだけど、嫌いじゃない。
人の嗜好を覗けるのって、楽しくて好きだから。
他人の部屋に行くと、本棚とかCDとかついついチェックしてしまう。

まっ、私も軽く行ってみますー。

♪♪♪

1.Total volume of music files on my computer
(今コンピュータに入ってる音楽ファイルの容量)

「ゼロ」
i Podもi Pod shuffleもゲットしたのに、全く活用できていない。
でも同居人がPCを購入したので、(私の懸賞が当たるのは待ちきれなかったらしい)これから増えていく予定。

2.Song playing right now
(今聞いている曲)

"レベッカ"の「ラブ・イズ・Cash」
1985年発売って古いなー。
実は、最近の私のヘビーロテーションCDに入っている。
その名は"90s J-HITS4"。
ボーリング屋で景品でもらった5曲だけのミニアルバムだけど、懐かしくて心くすぐられまくり。
あと、小比類巻かほる、プリプリ、バブルカム・ブラザーズ、大江千里が入ってる。

3.The last CD I bought
(最後に買ったCD)

春に買った、ジャパハリネットの「東京ウォール」。
基本的にCDはレンタルしてMD作成派なので、滅多に買わない。
レンタルもそれほどしてないけど。

4.Five songs(tunes) I listen to a lot, or that mean a lot to me
(よく聞く、または特別な思い入れのある5曲)

この質問に対して、みんな5曲にしぼるのが難しいと言っているけど、
私は5曲も挙げるのが難しい。
音楽ってあんまり思い入れがなくて、いつも聞き流しだから。
好きなのにタイトルがわからない曲って実はかなり多い。アルバムとか特に。

・bird "Life"
  birdの曲は好きなのがありすぎるけど、一番はコレ!
・ジャパハリネット "蹴り上げた坂道"
  聴いたときの心境とマッチして歌詞が心に染みまくった
・スピッツ "チェリー"
  別に特別大好きってわけじゃないけど、一人暮らし始めた時を
  思い出して、今でも聴くと切なくなる
・RED HOT CHILI PEPPERS "SCAR TISSUE"
  これはよく大学時代にバイトの有線でかかっていた
  ふつーに好きな曲
・Michelle Branch "Everywhere"
  この曲に限らず"the split room"というアルバムが大好き
  ドライブで聴く曲がなくなると最後はいつもコレ

5.Five people to whom I'm passing the baton
(バトンを渡す5名)

うーん、渡してみたい人はたくさんいるんだけど、渡すのってちょっと苦手。
とりあえず、渡さずにバトンはここに置いておくね。
もし興味がある人は勝手に持っていってみてくださいな。

♪♪♪

まさかずくん、こんなもんでいかがでしょ?
| 古屋 江美子 | 音楽 | comments(4) | trackbacks(0) |
birdの野外ライブ
birdのライブ@日比谷野外大音楽堂に行って来た。



うーん、いい感じに夏のはじまりを飾ってくれたライブだった。
実は野外のライブって初めてだったけど、これは本当にいいねー。
夏フェスが大人気なのも納得だ。

今日は暑すぎもせず、風も時々ふいていて、ここちよかった。
ビール片手に、まったりゆったり楽しいひとときだった。
ライブの曲は昔の曲から最近のものまで幅広い選曲。
昔の曲はノリがよくて大好きなんだけど、最近のスローテンポのまったりした曲も心に染みるいい曲が多い。そんな曲は野外で聴くと一段とよくて、ハワイかどこかのリゾートで、夕暮れ時のビーチでライブを聴いているような気分になった。
陽がのぼったら起きて働いて、陽が沈んだら仕事は終えて、仲間と楽しい時間を過ごす。
そんなのんびりした暮らしこそ、本来の豊かさを取り戻させてくれるんじゃないかしら?
なーんてことまで考えてしまうほど、いい空気が流れていた。

それにしても、日比谷野外音楽堂は都会の産物だと思う。
緑の森の中にあるステージの上には、オフィスビルがそびえ立っている。
ライブの空間の雰囲気とのギャップになんともいえない気分になった。うまく言葉でいえないけど、矛盾というかやるせなさというか、そんな感じ。
やっぱり、私には田舎を愛する田舎の血が流れているのだなあと思った。
空を見たらやけに明るくて、それが悲しくもあった。

しんみりしたり、踊ったり、いろんな時間があったけど、ぜんぶよかった。
なんだか癒されもしたし、夏に向かう元気も出た。

やっぱりbirdはいいよ!!

| 古屋 江美子 | 音楽 | comments(5) | trackbacks(1) |
Destiny's Child @横浜アリーナ
最近ブログの更新をしていなかったけど、単に普通に働いていたのである。
しかも私にしては、本当にめずらしく意外と仕事が楽しい。
殺人的な忙しさではなく適度な忙しさというのもよい感じ。
ここ数ヶ月ヒマで死にそうだったので、仕事に飢えていたというのもある。
でも、この気持ちがいつまで持続するか不明。

ところで私はブログは毎日書かないとダメなタイプらしい。
しばらく書かないと、逆にネタも溜まって書く気が沸くという人もいるだろうけど、私は面倒臭くなるタイプ。
久々に書くと、適当な言葉が見つからなかったりして、文章を作るのにかなり手間取る。
たぶん車の運転と一緒で慣れの問題だろう。
なんてことを今書きながら思った。

ダイヤ ダイヤ ダイヤ

さて、今日はあきこに誘われDestiny's Childのコンサートに行った。
予習のため、最新アルバムを借りて、ここんとこずっと聴きまくって準備はバッチリ(?)
いざ、横浜アリーナへ。

Destiny Fulfilled
Destiny Fulfilled

いやー、よかったよ!!
最新アルバム以外でも、私でも知っているような有名曲が多くて嬉しかった。
本当に美しくて格好いい彼女たち。
あの若さであれだけパワフルで、世界中の人を惹きつけて、本当にスゴイ。
あきこもブログで書いているけど、私もビヨンセくらい髪を伸ばしたくなった。
(そこまで伸びるのに3年以上かかるだろうけど。)
やっぱり彼女たちの圧倒的パワーを見せつけられると、かなり影響を受けてしまう。

それにしても、やっぱり大きいところのド派手コンサートは迫力があっていいね。
帰ってきてからもCD聴いて余韻に浸ってるよー。
| 古屋 江美子 | 音楽 | comments(0) | trackbacks(1) |
酉年こそbirdをよろしく!
birdのライブ@SHIBUYA-AX。

LIVE! tour 2000+1


birdのライブはいつも楽しい。
スタンディングなものの、客層は落ち着いた20代後半が多い。
男女比はまあだいたい同じくらい。微妙に女性が多かったかも。

「まあまったりしていってな」というbirdの声に応えるかのような、ゆったり調子ではじまった。
でも途中からは突然ミラーボールが降りてきて会場がディスコになったりして、かなり盛り上がった。
彼女のライブは演出がおもしろい。
MCも独特の語り口調でいい感じだし、踊りもヘンテコでかわいい。

まずは最新アルバムからアップテンポめの曲。
そのあとバラード系でしっとり聴かせる曲。
そして、なつかしめのノリノリ曲でシメ!
というのが大体birdのライブの流れな気がするけど、今回もそんなかんじ。(もちろん完全にそうなっているわけじゃなくて色々混ざっているけど大まかにいうと。)

やっぱり最後の懐かしい曲のパートは、ライブの後半戦ということもあり、一番盛り上がる。
今日も「マインドトラベル」とかアンコールの「空の瞳」あたりはかなりよかった!
ちなみに私が一番すきなのは「LIFE」という曲。

なんかそれなりに盛り上がりつつも、どこかしらいい意味で落ち着いていて、ゆったり堪能できるいいライブ。
無秩序な激しいライブもたまにはいいけど、やっぱりこんなライブは落ち着くわ。

ちなみにタイトルはbird本人のお言葉です、一応。
| 古屋 江美子 | 音楽 | comments(4) | trackbacks(0) |
2004年のヒット曲
2004年のシングル売上げ第1位は、平井堅の「瞳をとじて」らしい。
『世界の中心で、愛をさけぶ』との相乗効果を考えると納得の結果。
でも驚くべきは、その売り上げ枚数。
なんと83.4万枚!
何が驚きって、今年はミリオンヒットはなかったんだなということ。

ちなみにその他のランキングはオリコンサイトで確認可能だ。
これを見ると、改めて知らない曲満載であることに驚かされる。
聴けばわかるだろう曲もあるけど、カラオケで歌えるほど知っている曲が果たして何曲あるのか・・・って感じ。

CD CD CD

昔はカウントダウンTVも毎週チェックしていた。
最新CDのレンタルもしていた。
それが、一体いつのまにこんなにJ-POPの流れに乗り遅れたんだろう。
ちょっと不思議。
でも音楽を聴かなくなったわけではない。
むしろ最近は、かなりよく聴いているほう。
でも最新のJ-POPヒットチャートを追いかけることを、いつのまにかしなくなった。
その理由は、単に
「純粋にいいなと思う曲が少なくなった。」
ということにつきると思う。
この理由としては、いろいろ考えられる。
時代の音楽の流行りや私自身の趣味が変わったせいもあるだろう。
売り上げ枚数からもわかるようにJ-POP界自体の勢いが弱まっていることもあるかもしれない。
でも、一番大きいのは人気の歌手がみんな自分より若くなったことではないかと思っている。
昔から活躍しているベテラン歌手の曲は今でも聴く気になるけど、新たに出てくる10代後半とかの若者の曲はなかなか聴く気になれないのだ。
なんていうか、子供っぽい感じがして、彼らの曲にも熱を入れられない。

CD CD CD

さっきテレビで、90年代J-POP珠玉の名曲をあつめた、コンピレーションCD、その名も
『十八番(オハコ)〜J-POP 90's BEST〜』 カラオケ
の通販をしていた。
同じ20代後半の人はぜひ曲リストを見てみてほしい!
もうー、全部歌えるよっ!まさに我らが青春ここにあり!!って感じ。
かなりなつかしく、そしていい曲が多い。(ように感じる。)
まあ、こんなふうに思うことが歳をとったということなんだろう。
子供の頃、『なつかしの曲』みたいな特集番組でフォークソングとかを親が口ずさんでいるのをみて、「よくこんな古い曲知ってるねぇ。」と半ば呆れて言っていたけど、今はその状況が身に染みてよーくわかる。
最新の歌手を知らない親をばかにしたこともあったけど、当時は自分もその仲間入りをする日が来ることは想像もしていなかった。
最近本当にグループとか区別がつかない。街で見ても絶対気づかない自信がある。
モー娘のメンバーもいつから全員言えなくなったんだろう?
なんだか切ないなあ。

でもこういう類の、一昔前のヒット曲集CDを最近よくある気がする。
なんだかんだで需要も多いんだろう。
つまりこんなことを感じているのも私だけではないはず!・・・と思いたいところ。
| 古屋 江美子 | 音楽 | comments(0) | trackbacks(0) |
スカハレルヤ!!
スカハレルヤ!!というライブに行った@渋谷O-East。
ドナドナレコーディングスというかなり切なくなってしまうようなレコード会社に所属している6組のスカバンドによるクリスマスライブだ。



そもそも私はスカについてはほとんど造詣がない。
東京スカパラダイスオーケストラですら数えるほどしか聞いたことはなく、そもそも今までスカに触れる機会もなかったし、触れようとも思わなかった。
そんな私が今回このライブに足を運んだお目当ては、"Yum!Yum!ORANGE"。
このバンドはスカ色も持っているが、私のイメージではポップという印象のほうが強い。『こち亀』のオープニング曲も歌っていたので知っている人も多いかも。
 ※試聴はこちら。※ビデオではフルコーラス聴けます。聞き耳を立てる 

ライブ全体の感想としては、いやースカっていいね。って感じ。
特にみんな踊りまくっていたスカダンス♪
スカダンスとは腕を交互に交差させるようにふり、それに合わせて体も動かす感じの踊り。
ちなみに私は、それがちょっと変化して人差し指を突き出して空を指さして、足も高くあげて踊るているようなちょっとアホっぽい感じがする踊りが見ていて楽しいから好き。

スカと一口で言っても種類も色々あるようだが、勉強不足の私にはよくわからない。
それでも今日聞いた6組もかなり趣が違うことくらいはわかった。
中にはこれもスカなの?と思うようなものもあった。(おそらくスカ・パンクなどと言われるものだろう。)
そんなスカ超初心者の私が6組のうちナカナカ気に入った3組は以下。

CD Yum!Yum!ORANGE
これを目当てで行ったんだから当然と言えば当然か。かわいい感じだし曲を聴くと楽しい気分になれる。基本的にメロディーが私好み。

CD CAMEL
歌なしのインストスカバンド。とりあえず上手いなあと思った。リーダー的なサックスの人のキャラがオヤジが入りすぎていておもしろい。(ホントはだいぶ若いはずだけど。)開口一番「おつかれ!」なんかいい感じで力ぬけたよ。全く興味なかったのに、聴いてみてかなり魅かれてしまったバンド。

CD レトロ本舗
名前のとおり、かなりほのぼのとしたバンド。大きく分類すればYum!Yum!〜と同じポップ系だと思う。かわいくノリよく。
惜しいのは、歌詞が私の好みでなかったことだ。曲名が『日直当番になったなら』とか『明治ランドセル スター』というところからも曲の雰囲気は想像していただけるだろう。かなりいい感じだけに残念でならないのだが、どうしてもこのCDを買って家で「ランドセル〜♪」と歌う気にはなれないのだった。。。

ダイヤ ダイヤ ダイヤ

スカがらみでもうひとつ。
先月『BEST HIT S.K.A』というアルバムを買ったのだが、これが最近の私の大のお気に入りになっている。



実はこのCDの入手にはちょっとした苦労があった。
コジマ電機のCD屋さんで流れていたのを聴いて気に入ったので、店員さんに訊いてみたところ、そのCDは店員さんの私物であり、さらにそのお店では取り扱っていないとのこと!そんなCDかけるなよ〜と思いつつ、他のCD屋さんを当たるも売っていない。タワレコやHMV、はてはAmazonまでも捜査の手を広げるが入手できず。
そんなCD探し奔放の末、諦めかけていたある日、ひょんなことからとあるCDショップでこのCDを発見してしまった!もちろん喜び勇んで速攻でレジへ直行したのだった。(でもどこで買ったかお店は忘れてしまった。)

こんな風に苦労して手に入れたこのCD、かなりいい!!苦労して手に入れた甲斐もあったというもの。
往年のヒット曲ばかりをスカ風にアレンジしているのだが、ゴーストバスターズテーマソングから、シンディローパーに至るまで選曲がなんとも幅広い。そしてそのアレンジがどれもいい感じにスチャスチャなのだ。
お掃除や洗い物のBGMにぴったりで、いつもガンガンかけている♪

機会があったらSKAももっと聴いてみたいなあと思う今日このごろ。
ただ、やっぱりこういうライブの客層は若い。
時間も長時間だし、ちょっと後半疲れてくると、やっぱり歳をとったなあと実感せずにはおれないのだった。。。
| 古屋 江美子 | 音楽 | comments(7) | trackbacks(0) |
ジャパハリネットのライブ♪2
またまたジャパハリネットのライブに行ってきました@SHIBUYA-AX。

カメラ 題して"HARINEZUMI X'mas Tour"


いや、良かったよ。
前回行った学園祭のライブ比べるとお上品でおとなしめだったけど。
やはり警備もきちんとしていたり、客層も前よりは幅広かったりしたからかな。
ぐちゃぐちゃの無秩序状態になることはなく、でもいい感じに盛り上がって、いていい感じに楽しめた。
さすがにラストの曲「物憂げ世情」ではグチャグチャ&ダイブの盛り上がりっぷりだったけど、それはそれでまたよし!
今回は前回の反省を活かし、ちゃんとノースリーブ&スニーカーで臨んだのでジャンプもしたい放題!
もちろんノースリーブでも汗だくにはなったけど、そのあとのビールの美味しかったこと♪これもやめられないわ!

カメラ クリスマスプレゼントとして”はりねずみフィギュア”をもらったよ
         <前>                     <後> 
    

なぜはりねずみ?と思った方のためのプチ雑学。
ジャパハリネットとは、"ジャパン・ハリネズミ・ネットワーク"のことなのです。

あー、またなんかライブに行きたいな♪


ペンジャパハリぷち情報
#公式サイトはこちら http://www.japahari.net/
#試聴してみたいかたはこちら 聞き耳を立てる
| 古屋 江美子 | 音楽 | comments(3) | trackbacks(0) |