無料ブログ作成サービス JUGEM
ワインの季節

ワインの季節がやってきた。いや、別に一年中飲んでるんだけど、新酒解禁もある秋は、誰もが認めるワインシーズンという感じがして、もっともっと飲みたくなる。この時期はふるさとである山梨のワインイベントも目白押し。とくに外でワインを楽しめるイベントが多い。たぶん私は、青空の下でワインが飲めたら、もう他に何もいりません、と本気でいえるくらい、青空の下で飲むワインが好き。とくに気持ちのいい秋のワインピクニックは最高すぎる。

 

しかし今年はワインイベントへの参加率も低め…。毎年恒例のかつぬまぶどうまつり(ぶどうまつりといいつつ、ワインまつりの趣)には娘の風邪で行けなかったし、11/3は山梨ヌーボー解禁日だけど、日比谷公園や山梨でおこなわれる山梨ヌーボー祭りは仕事で行けなさそう。まあ、ヌーボー祭りのほうはわかってたからいいけど、行くつもりだったかつぬまぶどうまつりにいけなかったときのショックたるや!!保育園の卒園式にインフルで出られなかったのと同レベルのかなしさで夜まで落ち込んだ。

 

しかし、そんな今年、あらたにアウトドアでワインを飲む場ができた。それがキャンプ。ついにテントを購入し、とりあえずおともだち家族と2泊3日を2回。やっぱり外で飲むワインはおいしい。なんでだろう?自然の中では心も解放されて、しみじみ幸せな気分。PCも持っていきづらいから仕事と完全に離れられるのもいいんだろうな。

 

でも、キャンプだとワイングラス(プラスチックの)すらも忘れて、紙コップで飲んだりしていて、ワインの味をろくに堪能してないのも事実。だから、それほどこだわりのワインじゃなくていいね。外ってだけで美味しくなるから、ヘタに高いのかってももったいない。むしろ青空の下にはカジュアルワインが合いやすかったりもするし。

 

とりあえず始まったばかりのワインシーズンをぞんぶんに楽しむつもりです。

| 古屋 江美子 | てきとーく | comments(1) | trackbacks(0) |
小学生の夏休み(どうするか悩み中)
もう6月。そろそろ夏休みのことも考えないといけない。いや、考えなくてもいいけど、満喫したかったらそろそろ計画しないと。でも娘が小学生になったら、長期旅行のハードルがぐっとあがった。

娘の夏休みは7月下旬〜8月半ば過ぎの超繁忙期。ちらりとサイトをチェックしてみたけど、この時期って本当にどこ行くのも高いねー。ホテルもローシーズンの倍額くらいするし……。いままで夏の旅行は9月にずらすことが多かったから、ハイシーズンの強気な料金設定にあらためて驚いています。がんばってクレジットカードでためてるマイレージもこの時期は使いづらいしね。

そもそも、いまどきの小学生の夏休みって微妙に短くて1カ月くらいしかないし、お盆には帰省もするし、なんだか無理に旅行を計画しなくてもいいか、という気になってきてしまった……。

でも、やっぱり旅の情報に触れると心がそわそわしてしまう。ちょうど今日、お仕事をした住友不動産販売の会員誌『Pal Premium』の見本誌が手元に届いたんだけど、表紙のイースター島のモアイ像だったりしたものだから、旅心を刺激されまくり!

Vol.01から旅特集に携わらせてもらっている『Pal Premium』

未就学児のときにもっと自由に旅行に行っておけばよかった!……という後悔はぜったいするとわかっていたけど、やっぱり後悔してる。ただ、その時々でいろんなことに追われていて、わかっていても計画できなかったから仕方ない。子どもが小さいうちはまた別の心配(すぐ熱出すとか)もあったし。

とりあえず8月にお友だちファミリーとキャンプにいくことは決まったので先週末にテントは購入。しかし、収納場所がないので部屋の片隅に放置中。夏休みの計画の前に、まずは自宅の片付けからだな。
| 古屋 江美子 | てきとーく | comments(0) | trackbacks(0) |
GW終了
予定のなかったGW後半。
夫の祖母の訃報により、通夜・告別式・寺参りと3日連日予定が入り
バタバタと過ぎていった。
久々の休みだと喜んでいただけに
不完全燃焼感が強いけど、こればかりは仕方ない。

そして今日から元気に保育園に行った娘。
”GWの思い出”をテーマに絵を描いたらしいのだけど、
おじいちゃんとおばあちゃんの家で遊んだ絵を描いていた。
葬式の様子は一切なし(葬式の絵を描かれてもコワイが)。
まあ、イトコも集まったし、みんなに構ってもらったりして
子どもにとっては、案外楽しかったのかもね。

ちなみに義祖母の家は真宗大谷派で
私の実家(日蓮宗かな? 自信ナシ)とは
結構いろいろ違いがあってこれにもビックリ。

1.死んだらすぐ浄土にいくから、旅支度はしない。
2.迷信の類は信じない。だから塩もまかない
3.お焼香は額に近づけず、2回くべるだけ

などなど。

寺参りのとき、読経のあと和尚さんからお話をいただいたのだけど
30分超えと長く、娘はもちろん、私もさすがに飽きてきた。そんなとき、

「実は親鸞たちも念仏を唱えても、ちっとも嬉しくないと思った。
よろこぶべきことをよろこべないのは、それこそ煩悩があるからなのだ」

みたいな話をしていて、私自身も今、和尚さんのありがたいはずの話を
ちっともよろこべないのは煩悩まみれだからなのだろうなあ、と思った。

そんな感じで、あっというまにすぎてしまった2014年GWなのでした。
| 古屋 江美子 | てきとーく | comments(0) | trackbacks(0) |
もう3月!
えーと、前回の更新が七五三だから3カ月半!? あまりの時のはやさにビックリ。

この3カ月、珍しく仕事が忙しめで、ブログ更新の余裕がなかった〜。冬という季節を丸ごとワープしちゃった感じ。でもやっとこさ、落ち着いた。先週から普通の生活に戻りました。

もう今週は連日晩酌&10時間とか寝てて幸せっす♡

最近の出来事といえば、山梨の大雪。この週末も雪予報もあるみたいだけど、どうなのかな。心配。とりあえず来週は平日に帰省予定。正月ぶりかな。もう、プチ山梨シック。

とりあえず、これからはブログももうちょっと頻繁に更新していきたいなと思う。日々のこと、どんどん忘れちゃうから。ここ最近、脳内メモリの劣化が激しすぎる。

とりあえず最近の仕事。備忘も兼ねてちょっとあげときます。
キリン午後の紅茶おいしい無糖 32ヵ国のワールドフードマグネットの監修
(ペットボトルのおまけについてるマグネット。ウチの近所では見ないけど今売ってるはず)↓3/7見つけました。
 
・『ミセス2014年3月号「笑顔美人になるために!」(一部取材執筆)
・『女性のひろば』2014年2月号 「滞在型で“暮らす”ような旅を」寄稿

あとはエキサイトとかオールアバウトAll About Tips+)にも相変わらず週に数本ずつ書いてます。ほかにもあるけど、また改めて!

意味ないけど春っぽく花写真を〜
| 古屋 江美子 | てきとーく | comments(0) | trackbacks(0) |
年女
7月後半は余裕だったはずなのに、
なぜかバッタバタ……。

ちょっと前に36歳になりました。いよいよ年女。
36歳って、何気に結構いい年齢よね。我ながらビックリ。
思えば今年になってから、ガクッと歳をとった気がする。
認めたくはないけど老化の始まりを実感。
やっぱり女性って男性よりそういうのわかりやすいのかも。

そういや昔、満月の森で山口由莉さんという方に占ってもらったとき
37歳8ヶ月前後に人生の転機があるといわれたんだっけ。
だいぶ先の話だと思ってたけど、近づいてきたなあ。
占ってもらってから10年近く経つのになぜかいまだに内容を覚えていて
その時期が来るのをちょっと楽しみにしている。



先週は熊本・天草へ取材旅行に行ってきた。
天草四朗のふるさとであり、キリシタン文化が息づく土地。
上の写真はキリシタン館で撮ったもの。

取材に行くと、どうしても前後はバタバタになるけど
久々だったこともあり、やっぱり旅仕事は楽しい! と再認識。 
旅の仕事、もっとやりたいなー。

そういえば最近、関東では「セミが鳴いてないけど遅くない?」
なんていう声をよくきくけど、天草ではバリバリ鳴いてました。

本当に、うるさいくらいに。
こっちも、きっともうすぐだね。
| 古屋 江美子 | てきとーく | comments(0) | trackbacks(0) |
リピ買い! 「華密恋」の入浴剤
ライターという仕事柄、新商品とかにいち早く触れられる機会も少なくない。
もちろん、悪いと感じるものをいい!と褒めて書くことはないけれど
自分に合うもの、心から気に入るものって、それほど多くないのも事実。

そんななか、これは! と思って、個人的にもリピ買いしているものがある。
華密恋」の入浴剤だ。
美容系ライターでもない私が、こういうものをリピートすること自体がそもそも珍しい。

「華密恋」は長野県安曇野生まれのオーガニックスキンケアブランド。
独自の国産カミツレエキスをメインに、天然・植物由来の成分だけでできているので
赤ちゃんにも使えるのが特長だ。

実は私がこれを使っているのも、おもに娘のため、なのだ。

というのも、実は娘(3歳)は肌がトラブルを起こしがち
最近はだいぶマシになったけど、それでも夏はあせもだらけ。
つい先日も別件で訪れた皮膚科医が背中の掻き傷のひどさをみて飲み薬を処方したほど。
汗っかきだからかな?
よくみれば、首とかもありえないくらいザラザラで、かわいそうな状態になっていた。

でも、処方された薬は結局、飲ませなかった。
なんか飲み薬って、抵抗あるんだよね。抜本的解決じゃないし。
とはいえこのお肌、どうしたもんかな、なんて思ってたら、
そういえば、華密恋の入浴剤きらしてたなーと思い出し。

さっそく買ってみて、久々に使ったら、あら不思議(笑)。
娘の肌の調子は目に見えて回復。完治じゃないけど、明らかによくなった。
ちょうど梅雨本番で暑さ一服、といったタイミングだったせいかもしれないけど、
とりあえず、うちの娘との相性はかなりいい気がする。
風呂上りにはナチュラルスキンモイスチャー(乳液)で保湿もしてあげている。
いやー、贅沢モノめっ(笑)。

そうそう、5月末には華密恋のカモミール畑や工場がある「カミツレの里」も
取材で娘と訪ねてきた。(そのときのレポートはこちら
子連れ旅行がテーマとかじゃないのに子連れでどうぞと言ってもらえた取材は今回が初。
家族で使える製品コンセプトと、子どものアトピーに効いたという声が多いからかな。
いずれにせよ、ありがたく、楽しい体験だった。
ちなみに「華密恋 ドリンク」なんてのもあります。

最初に知ったのは取材がきっかけだけど、今や普通に個人的ファン。
ステマじゃないっすよ。


カミツレの里でのカモミール刈り取り体験
| 古屋 江美子 | てきとーく | comments(0) | trackbacks(0) |
LaVie Z(NEC)が液晶割れ…
 昨年買ったPC、LaVie Z
いわゆる、ウルトラブックってやつ。

たまたま家電量販店で目にして買うことにしただけど
個人的には、かなり気に入っていた。

なんといってもその魅力は世界最軽量875グラムという軽さ。
持っていることを忘れそうになるほど。
HDDじゃなくてSSDだから起動もめちゃくちゃ早いし、
サブマシンのつもりが一気にメインマシンの座に。

もちろん、デメリットもある。
容量が128GBと少ないうえ、リカバリとか起動に30GB使われるから、
実質OS割り当ては98GBほど。
大体30GBほどがアプリで使われてるから、残り50GB。
ま、データは基本的に自宅の外部ディスクに保存してるからいいんだけど、
旅行先とかで写真とか保存するとかなりきわどい感じになる。
(お金だせば258GBモデルもありマス)。

そんなLavie Zですが、使用半年にして、つい先日壊れました。
現在、修理工場にいます。

理由は液晶パネル割れ。
この症状、やはり破損とみなされ、保証期間内であっても保証対象外。
諭吉さん、ヒラヒラと何枚も飛んでいました。涙。

そう、いまさらわかったけど、
このこの最大の欠点は、液晶がもろいこと、なんじゃないかなあ。
だって別にモノぶつけたり、踏んだりしてないもの。

今から買う人は60日以内なら破損とかにも1年対応してくれる
PC3年間安心保証サービスパック」に入ることを強くオススメ!

あ、でもPC自体は非常に気に入っています。念のため。
| 古屋 江美子 | てきとーく | comments(0) | trackbacks(0) |
久々に娘と再会
6日間のシンガポール+台北取材を終え、昨日帰国。
娘は出発前に風邪をひき、どうなることかとヒヤヒヤしたけど
結局毎日保育園に行けたようで、何より。

久しぶりの再会は昼寝明けということもあってか微妙なテンション。
嬉しいのに恥ずかしい。みたいな感じで微妙な距離感があった。
もっと大喜びされると想像していたので肩すかし。
これも成長のひとつかな。

そう、娘も今月はじめに3歳になった。早いねー。

出来ることも増えたけど、まだまだ出来ないこともいっぱい。
筆頭はトイレでのうんち。

あと、自己主張が激しく、思う通りにならないと怒る、すねる。
なんでも1番がいいから、今日も入浴後に先に私がパンツをはいたら、
「自分が一番だ!」といって、私のパンツを脱がしてきたw
最初は冗談ぽくやってたけど、あまりにしつこいので、
私が「もうやめて!」とちょっとまじめにいうと大泣き。
母側としてのスマートな対応が目下の課題。

洋服の着脱やおしゃべりは上手になったなあと思う。
ただし、「さしすせそ」と「たちつてと」は区別してるんだけど
舌足らずなのか、まったく同じに聞こえる。笑

数は20くらいまで怪しげながら数えられて、
ひらがなは「り」はわかってるかな。
「ほ」は「ま」や「は」と見間違えることも多々。

今日言葉遊びをしていたら「たのつくもの」の最初に
たけだしんげん(武田信玄)を挙げていた。
さすが、武田神社でお宮参りをした山梨っ子!

ま、なんだかんだいっても、よい子に育っております。

ブドウジュースをワイン気分で飲む娘@臺眠
| 古屋 江美子 | てきとーく | comments(2) | trackbacks(0) |
2013年は山梨&子連れ旅行

気づけば今年も半月も経ってしまいましたが
改めましてもどうぞよろしくお願いします。

12月は娘がノロ(疑惑)とインフル(疑惑)になり、
2週間も保育園を休んだのでバタバタで年末年始の更新もできず。
もちろん、息つく暇もあれば、正月に飲んだくれる暇も大いにあったのだけど、
ブログ書くなら先にやらなきゃ! な仕事が常にあって書けずにいました。
まだ、全体的に仕事は遅れ気味なんだけど
とりあえず、ほんの少しゆとりができたので書いてみようかと。

まず、ブログに書いてなかったけど、去年は「やまなし大使」になりました。
(よく間違えられるけどミス山梨的な看板娘じゃないです 笑)
そして12月からは、オールアバウトの山梨サイトのガイドにもなりました。
山梨ラブ♡すぎる私としては山梨と縁が強まってうれしすぎる一年。
サイトもぜひ応援してもらえたら嬉しいです。

というわけで、ライターとしても今年は山梨にいっぱい絡む!
それから旅行、海外取材も、もっと!
(まあ海外取材は家庭内調整が結構タイヘンなのだけど)。
基本である海外グルメ取材もしっかり。
あとは娘とも、もっとでかける。国内・海外問わず。
去年は公私あわせると海外旅行4回。国内旅行4回。
山梨にはトータル1ヵ月以上いたはず。

とりあえず先日の大雪で車を山梨に置いてきてしまったので
予定を変更して明日も山梨に帰ります。
新年あけてからというもの、まだ山梨にいる日数の方が長いんじゃないかしら。

タイトルは個人的な今年のテーマです。
公私ともに、そんな1年でありたいな、と。
ヘビ年の年女、本厄。厄払い済。
いい一年になりますように!

電車からみた甲府盆地

ほったからし温泉から見た富士山
| 古屋 江美子 | てきとーく | comments(0) | trackbacks(0) |
ママの海外出張
来月、海外にいく。
出張というか、取材旅行で。もちろん子供も夫もおいて。

パパの海外出張、ならフーンですぐむのに
ママの海外出張、となると途端にハードル高く感じるのは私だけ?

娘も2歳になった今年、縁あって少しながら泊り取材もさせてもらっている。
国内の1泊が2回、海外の2泊が1回。

で、今回はドーンと1週間! 長い!!!

これまで長期のプレスツアーの案内は全部スルーしてたんだけど、
今回は同じママライターさんからの紹介ということもあって、
ちょっとまじめに検討してみた。
で、結果的に行くことにした。行けることになった。

というのも、紹介してくれたのは小さな子供がいながら、
月1以上くらいのペースで海外取材をこなしている方。
羨ましいと思いつつ、自分には出来ないと思っていた。
でもその理由がどこにあるのか、突き詰めて考えてもいなかった。

ま、とりあえず、今回、お試し的にやってみる気になったのです。
今回は1週間といってもちょうど真ん中に連休がある
ナイスなスケジュールなので、お試しにはもってこい!
(お試しってのは家族的な部分ですよ。取材は本気! 念のため)。

まあ、行くと決まった今となっては悩みも心配もなく、
単純に夫に負担かけてスミマセン、というのと
娘よ、元気でがんばってくれい、という気持ちくらいだけど
決めるまではやっぱりいろいろ悩んだなあ。
海外出張、子供、ママ、などのキーワードで調べまくっちゃった。

まあ私は恵まれてるほうだけどね。
すでに泊り取材も夜おでかけもできているのはひとえに夫の協力のおかげ。
夫がサービス業で夜勤務とかなら、協力したい気持ちがあってもそうはいかない。
あとは実家の協力有無も大きな要素になりえるはず。
うちも基本、実家協力はないけど、実は過去に半日だけヘルプに来てもらったことはある。
本当に困ったときには行き来が不可能な距離ではないからお守り的な感じにはなるよね。

ちなみにママが海外出張できるかどうかは、ママ自身の子離れ次第では?
という話にも、なるほどなあと大きくうなづいた(結構行く決め手にもなった)。
ただ、仕事なんて優先しようと思えばいくらでもできるから
どこで割り切って、子どもや家族を優先するかは自分次第。
子どもとのコミュニケーションって、もちろん時間の長さより質だとは思うけど
やっぱりとれるもんなら時間も長いに越したことはない気がするから。
あと、夫との仕事とのバランスもある。
当たり前だけど仕事に責任があるのはフリーも会社勤めも同じ。

とりあえず予行練習として(というか仕事もあって)
今月は延長保育19時まで(補食付き)を2回試してみた。
とくに変わらない様子でホッとしたけど
長時間保育はやっぱりどこかで疲れてるだろうから安易に使わないようにする。
1日でも毎日でも1ヶ月2,500円同一という料金体系は油断を招きそうなので気を付けよう。

それにしても今回の海外取材で私も家族もどんな感想もつか楽しみだ。
| 古屋 江美子 | てきとーく | comments(2) | trackbacks(0) |